素肌に優しく塗布して使用する化粧水 - 肌に合った化粧水の選び方

素肌に優しく塗布して使用する化粧水

subpage01

洗顔を終わって乾いた肌には、すぐに化粧水を入れて保湿をするのが、美肌のためのセオリーです。

化粧水の安心情報、今すぐ確認してみましょう。

この時に間違えた方法で入れてしまうと、皮膚の負担になるのでご用心、入れるときには肌を叩いたりはしないことです。
一昔前の美容法では、よくパッティングをして入れること、そんな流行の美容法もありました。自分のハンドで顔の肌を叩くのが、パッティングでの水分補給のやり方ですが、これはやってはなりません。
顔の皮膚はとてもデリケート、皮膚を叩いたりこするとか、こうした行為は皮膚老化を早めてしまいます。



水分を当たることは非常に大事なこと、しかし叩いたりする入れ方は、今すぐにでもストップを変えたほうがよいでしょう。たっぷりの水分を肌に入れること、これは美肌を作る要素であり、未来まで美肌を保持できるマジックです。

素肌を叩く行為は、皮膚を痛めつけてしまうのと一緒であり、やってはいけない行為のひとつです。
化粧水は清潔な手のひらにとり、手の体温で温めて、全体に優しく塗布しましょう。
しばらくしたら、同じように重ね塗りをします。ハンドプレスで優しく、全体を浸透させるように覆う行為も悪くはありません。



化粧水は手のひらを肌にあてて、吸い付くような感触になるまで、ソフトに入れていくのがコツになります。

吸い付くような打破になったら、美容液やお気に生きの美容クリームを、肌に優しく重ねていきましょう。

顔の素肌は何を塗布するにしても、叩く必要はありません。